仮想通貨について学べるコミュニティアプリ「びっとこ!」–Finatextが事前登録を開始 – CNET Japan

CNET Japan仮想通貨について学べるコミュニティアプリ「びっとこ!」–Finatextが事前登録を開始CNET Japanまた、仮想通貨についての正しい認識が浸透しきれていないことや、情報が散乱し、信憑性に欠けるソースやコミュニティが見受けられるという。 そこで、仮想通貨市場の健全な発展と成長を促すため、最新の仮想通貨の価格情報、仮想通貨ニュース、コミュニティをひとつに集約したびっとこ!と、仮想通貨ポータルサイト …東大発Fintechベンチャー Finatext、仮想通貨をみんなで楽し…

リップルは仮想通貨ではない?高まる非難の声「羊の皮をかぶった狼」 – コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)

コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)リップルは仮想通貨ではない?高まる非難の声「羊の皮をかぶった狼」コインテレグラフ・ジャパン(ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンのニュース)仮想通貨の原理主義者たちが一番こだわるのが非中央集権性だ。ところが現在時価総額ベースで上位に位置する中央集権的な仮想通貨がある。リップルだ。 リップル(XRP)はサンフランシスコに本社をおくリップル社が発行するトークンで、金融機関間の送金を助けることを主眼におく。昨年から多くの大…

【募集開始】ブロックチェーンとスマートコントラクトを学ぶ講義(全6回・無料)の受講生を募集いたします。 – 時事通信

時事通信【募集開始】ブロックチェーンとスマートコントラクトを学ぶ講義(全6回・無料)の受講生を募集いたします。時事通信15歳から24歳の学生または社会人の方で、ブロックチェーンやスマートコントラクトのエンジニアを目指す方へ講義を実施いたします。 現在、世界中でブロックチェーン技術・スマートコントラクトの活用と需要が急速に広まっています。 今後、日本でもブロックチェーンやスマートコントラクト技術が社会を支えていくことでしょう。 その ……

“格付け王”GACKTの仮想通貨事業が単なる集金ビジネスであることが判明!? 「周辺では不審な出来事も…」やっぱり怪しさ満点 – TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)

TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)“格付け王”GACKTの仮想通貨事業が単なる集金ビジネスであることが判明!? 「周辺では不審な出来事も…」やっぱり怪しさ満点TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)自身の本名を「大城ガクト」と明かした上で「仮想通貨というものをもはや受け入れるかどうかなどと議論をしているレベルではない。【仮想通貨】と【ブロックチェーン】の出現により世界は大きく変わり始めた。国境を超えて世界がものすごいスピードで変容している」と持論を展開。続けて「CDの売り上げで、思…

Bitcoin Consumes 30 Times More Electricity than Tesla Cars – Fortune


Fortune

Bitcoin Consumes 30 Times More Electricity than Tesla Cars
Fortune
As Bitcoin’s price has soared, so too has the energy consumption to produce it—to the point that Bitcoin mining now guzzles more electricity than all the electric cars in the world. In 2018, Bitcoin’s power demand is set to more than triple, consuming
Bitcoin Can Drop 50% and China Miners Will Still Make MoneyBloomberg
Why bitcoin mining sucks up so much electricityYahoo Finance
China moves to shutter bitcoin mines – Financial TimesFinancial Times

all 68 news articles »

仮想通貨の規制強化嫌気し中国離れも-QuickTake – ブルームバーグ

ブルームバーグ仮想通貨の規制強化嫌気し中国離れも-QuickTakeブルームバーグ世界最大のビットコインのマイニング(採掘)コミュニティーを抱える中国が、仮想通貨の取り締まりを進めている。本土の取引所での仮想通貨取引停止や新規仮想通貨公開(ICO) 禁止など、他の多くの経済大国より厳しい措置を講じ、ビットコインなどの価格急騰に先手を打つ役割を担っている。中国ではここ10年ほど株式から …仮想通貨の購入、決意までのプロセスは「死の受容」と同じ?Forbes JAPAN韓国、仮想通貨の取引禁止法を準…