CATEGORY ICO

COMSAが約109億円のトークンセールを実現 – 第1回ICO協議会 – マイナビニュース

マイナビニュースCOMSAが約109億円のトークンセールを実現 – 第1回ICO協議会マイナビニュースICOとは、Initial Coin Offeringの略で、実施企業は権利付与やサービス提供などが約束されるデジタルトークンを発行し、出資者が仮想通貨でそのトークンを購入するという資金調達ソリューション。報告会では、まずテックビューロの提供するICOソリューション「COMSA」が2017 …and more »…

スピードマイニングがニューアート・コインと戦略的業務提携 ICO投資家へのリターン率最大化を目指す – @Press (プレスリリース)

@Press (プレスリリース)スピードマイニングがニューアート・コインと戦略的業務提携 ICO投資家へのリターン率最大化を目指す@Press (プレスリリース)株式会社スピードマイニング(本社:北海道旭川市、代表取締役社長:小嶋 真由 http://speedmining.jp/ )は、JASDAQ上場の株式会社NEW ARTのグループ会社である仮想通貨会社:株式会社ニューアート・コイン(代表取締役:松橋 英一)と戦略的業務提携を行うことになりまし …and more &r…

仮想通貨サービスプラットフォームCOBINHOOD、既存企業によるICO … – エキサイトニュース

仮想通貨サービスプラットフォームCOBINHOOD、既存企業によるICO …エキサイトニュース仮想通貨取引所とICO引受を提供する仮想通貨サービスプラットフォームのCOBINHOODは、ICO引受サービスの開始を発表しました。最初のパートナーは、電子商取引の …and more »…

MITメディアラボの伊藤穣一氏、ICOについて注意喚起【フィスコ・ビットコインニュース】 – まぐまぐニュース!

コインチョイスMITメディアラボの伊藤穣一氏、ICOについて注意喚起【フィスコ・ビットコインニュース】まぐまぐニュース!伊藤氏はカンファレンスの中でICO(仮想通貨を利用した資金調達の一種)についても言及し、ICOは現状ビットコインをはじめとする仮想通貨誕生の概念から乖離しているものも出ているのではないかと指摘。仮想通貨は管理者を持たない自由な通貨であり、既得権益を持つ存在( …伊藤穣一氏のICOバブルに対する苦言とは?コインチョイスICOの次は選挙?ブロックチェーンの新しい使い道とは…

スピードマイニングがニューアート・コインと戦略的業務提携 ICO投資家へのリターン率最大化を目指す – SankeiBiz

スピードマイニングがニューアート・コインと戦略的業務提携 ICO投資家へのリターン率最大化を目指すSankeiBiz株式会社スピードマイニング(本社:北海道旭川市、代表取締役社長:小嶋 真由 http://speedmining.jp/ )は、JASDAQ上場の株式会社NEW ARTのグループ会社である仮想通貨会社:株式会社ニューアート・コイン(代表取締役:松橋 英一)と戦略的業務提携を行うことになりまし …and more »…

【市況】MITメディアラボの伊藤穣一氏、ICOについて注意喚起【フィスコ・ビットコインニュース】 – 株探ニュース

コインチョイス【市況】MITメディアラボの伊藤穣一氏、ICOについて注意喚起【フィスコ・ビットコインニュース】株探ニュース伊藤氏はカンファレンスの中でICO(仮想通貨を利用した資金調達の一種)についても言及し、ICOは現状ビットコインをはじめとする仮想通貨誕生の概念から乖離しているものも出ているのではないかと指摘。仮想通貨は管理者を持たない自由な通貨であり、既得権益を持つ存在( …伊藤穣一氏のICOバブルに対する苦言とは?コインチョイスICOの次は選挙?ブロックチェーンの新しい使い道と…

ParityのEthereumウォレットに深刻な脆弱性――巨額の暗号通貨が凍結中 – TechCrunch Japan

TechCrunch JapanParityのEthereumウォレットに深刻な脆弱性――巨額の暗号通貨が凍結中TechCrunch Japanこの脆弱性は7月20日以降にリリースされたマルチシグ(セキュリティーを強化するため複数が合意して署名することが必要な)ウォレットで発見された。つまりそれ以降のICO〔Initial Coin Offering=暗号通貨によるクラウド資本調達〕はこの脆弱性の影響を受けている可能性がある ……

ICOに悩む金融庁、注意は喚起 規制は思案中 – 日本経済新聞

ICOに悩む金融庁、注意は喚起 規制は思案中日本経済新聞金融庁が、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)への対応に苦慮している。企業がICOをしようにも関連法はなく、一つずつ個別に案件を調べて対処しているのが現状だ。企業の新たな資金調達の手段を過度に締め付ければ技術革新を妨げる。and more »…

ICOに悩む金融庁、注意は喚起 規制は思案中 – 日本経済新聞

ICOに悩む金融庁、注意は喚起 規制は思案中日本経済新聞金融庁が、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)への対応に苦慮している。企業がICOをしようにも関連法はなく、一つずつ個別に案件を調べて対処しているのが現状だ。企業の新たな資金調達の手段を過度に締め付ければ技術革新を妨げる。and more »…

QUOINEのICO、QASHが好スタート! – 株式会社みんかぶ

株式会社みんかぶQUOINEのICO、QASHが好スタート!株式会社みんかぶQUOINEのICO案件であるQUOINE LIQUIDプラットフォーム『QASH』が人気を集めています。 出所:QUOINE LIQUIDプラットフォーム. 本日からトークンセールがスタートなのですが、記事執筆時点で既に91%の資金を調達。 今夜にも100%へと届きそうに思えます。…