CATEGORY ICO

タレント「GACKT」が仮想通貨ICO参入も問題続発、フィンテックバブルはどうなるのか – Yahoo!ニュース 個人

Yahoo!ニュース 個人タレント「GACKT」が仮想通貨ICO参入も問題続発、フィンテックバブルはどうなるのかYahoo!ニュース 個人と思いきや、与沢翼さんを見限ってGACKTを使い仮想通貨によるICOビジネスに乗り出してきたのだとしたら、どう受け止めるべきなのでしょうか。あくまで代理業務を行っているということで、仮に「SPINDLE」で決済トラブルなどの何か問題があってもうまく責任を回避できる仕組みを構築しているのかもしれませんが、肝心の契約書 …GACKTが初めて本名を明かし、実業家とし…

キュアがICO実施へ、世界最大コスプレプラットフォーム「Cure WorldCosplay」での活用目論む – TechWave(テックウェーブ) #WAVE

キュアがICO実施へ、世界最大コスプレプラットフォーム「Cure WorldCosplay」での活用目論むTechWave(テックウェーブ) #WAVEコスプレ・プラットフォーム「Cure WorldCosplay」 を運営するキュアは2017年12月29日、独自トークンである「Cosplay Token(略称COT)」のICO(Initial Coin Offering)の実施計画を発表しました。 世界180か国72万人が参画する世界最大級のコミュニティ. 「キュア」は2001年に個人のコスプレコ…

キュアがICO実施へ、世界最大コスプレプラットフォーム「Cure WorldCosplay」での活用目論む – TechWave(テックウェーブ) #WAVE

TechWave(テックウェーブ) #WAVEキュアがICO実施へ、世界最大コスプレプラットフォーム「Cure WorldCosplay」での活用目論むTechWave(テックウェーブ) #WAVEコスプレ・プラットフォーム「Cure WorldCosplay」 を運営するキュアは2017年12月29日、独自トークンである「Cosplay Token(略称COT)」のICO(Initial Coin Offering)の実施計画を発表しました。 世界180か国72万人が参画する世界最大級のコミュニテ…

世界初 ICOで日本アニメーション制作に革命を!!アニメ監督「ヤマカン」が、ICOを活用したクリエイター主体の「新アニメ制作方式」を検討開始! – ValuePress! (プレスリリース)

世界初 ICOで日本アニメーション制作に革命を!!アニメ監督「ヤマカン」が、ICOを活用したクリエイター主体の「新アニメ制作方式」を検討開始!ValuePress! (プレスリリース)アニメーション監督「ヤマカン」こと山本寛氏が主宰するアニメーション制作スタジオ「Twilight Studio(トワイライトスタジオ)」は、現在のアニメーション制作方式で主流となっている「製作委員会方式」から、ICO(Initial Coin Offering)を活用したクリエイター主体の「新アニメーション制作方式」…

世界最大級のコスプレ・プラットフォーム「Cure WorldCosplay」を運営する株式会社キュアが、ICOを実施予定 – PR TIMES (プレスリリース)

PR TIMES (プレスリリース)世界最大級のコスプレ・プラットフォーム「Cure WorldCosplay」を運営する株式会社キュアが、ICOを実施予定PR TIMES (プレスリリース)株式会社キュア(東京都品川区、代表取締役:川相潤一郎)は、今後のグローバルにおけるコスプレ経済圏において、デファクトスタンダートになることを目指す独自トークン「Cosplay Token(略称COT)」を発行したICO(Initial Coin Offering)の実施を予定しております。 <Cosplay T…

ICO時代の新しい企業のカタチ「自壊企業」 | TechCrunch Japan – TechCrunch Japan

TechCrunch JapanICO時代の新しい企業のカタチ「自壊企業」 | TechCrunch JapanTechCrunch Japan数々の投資家や起業家は、トークンを基点としたネットワークが企業の誕生や運営を左右する世界に突入しようとしている。ネットワークビジネス(ネットワークが根幹にあるビジネスの意。連鎖販売取引とは異なる)のモデルを根源から変えるこの変革についていけない企業は、いずれ取り残されることになるだろう。 ネットワークビ …ICOはバブルか、革新か? シリコンバレーの視点…

ICO、発行者の売り抜け制限 不正防止の仕組み開発 – 日本経済新聞

ICO、発行者の売り抜け制限 不正防止の仕組み開発日本経済新聞一般社団法人の分散技術総合研究所(東京・港)は仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)の透明性を高める仕組みを開発した。企業がICOの際に発行する「トークン」と呼ぶデジタル権利証の売り抜けを制限するのが特徴だ。発行者が責任をもって事業に取り組む環境をつくり、ICO市場の健 …and more »…

「オタクコイン」でのICOは「資金調達目的ではない」–Tokyo Otaku Modeの狙い – CNET Japan

CNET Japan「オタクコイン」でのICOは「資金調達目的ではない」–Tokyo Otaku Modeの狙いCNET Japan同社による検討開始の発表後、SNSなどを中心にICO実施の是非に関する議論が巻き起こっている。オタクコインの運営主体がTokyo Otaku Modeであるため、ブロックチェーンや仮想通貨の根幹である非中央集権的思想とは異なること、単なる資金調達手段としてのICOではないかという声などだ。オタクコインを発行する理由や …ビットコイン・ICO・ブロックチェーンの「過…

1月18日〜20日開催「THE COIN」CASHの光本氏登壇ーー特別ゲスト・ICO事例「GameCredits」のCEOも来日決定 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)1月18日〜20日開催「THE COIN」CASHの光本氏登壇ーー特別ゲスト・ICO事例「GameCredits」のCEOも来日決定THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)そしてキーノートスピーチにまた一人、素敵なゲストをお迎えすることになりました。2017年、ノールック買取という際どくも鮮烈なデビュー戦に挑み、見事ユーザーの心を鷲掴みにすることに成…

Tokyo Otaku Modeが仮想通貨「オタクコイン」開発、ICOを検討 —— AnyPayと提携 – BUSINESS INSIDER JAPAN

BUSINESS INSIDER JAPANTokyo Otaku Modeが仮想通貨「オタクコイン」開発、ICOを検討 —— AnyPayと提携BUSINESS INSIDER JAPANTokyo Otaku Mode(TOM)は12月27日、同構想の実現に向けて「オタクコイン準備委員会」を設立すると発表。また、ICOのコンサルティング会社AnyPay(本社:東京港区)をパートナーとして採用し、2018年春頃をめどに、説明会を開催して構想の概略を公開する計画だ。 TOMは、「オタクコイン」を世界…