CATEGORY ICO

プレICOにて約10億円調達を実現した《Starbase》と起業家コミュニティを運営する《プロトスター》がICO支援サービスにおいて事業提携 – PR TIMES (プレスリリース)

PR TIMES (プレスリリース)プレICOにて約10億円調達を実現した《Starbase》と起業家コミュニティを運営する《プロトスター》がICO支援サービスにおいて事業提携PR TIMES (プレスリリース)プロトスター株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:前川 英麿)は、起業家コミュニティStarBurstの運営を行い、現在90社超のスタートアップを支援し、支援先の累計資金調達額は33億円超となる実績を有しています。 Starbase(本社:Zug, Switzerland, 、代表取締役:…

ICOで集まった資金は約7200億円、「Elementus」が2014年以降のクラウドセールスの結果をビジュアル公開 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)ICOで集まった資金は約7200億円、「Elementus」が2014年以降のクラウドセールスの結果をビジュアル公開THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)10万ドル以上を調達したプロジェクトが対象で、2014年以降のICO案件が時系列で紹介されています。こうやってみると最初のイーサリアムから始まり、2016年のThe DAO(1億6800万ドル)を…

英金融当局、ICO規制の是非検討へ 「より深く調査」 – 日本経済新聞

英金融当局、ICO規制の是非検討へ 「より深く調査」日本経済新聞【ロンドン=篠崎健太】英金融規制当局の金融行為監督機構(FCA)は15日、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)について「急速に発展する市場の情報を集め、より深く調査する」と表明した。「規制的な取り組みが必要か決める材料になるだろう」とし、英国での規制の是非を今後検討してい …and more »…

英金融当局、ICO規制の是非検討へ 「より深く調査」 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

英金融当局、ICO規制の是非検討へ 「より深く調査」 :日本経済新聞日本経済新聞【ロンドン=篠崎健太】英金融規制当局の金融行為監督機構(FCA)は15日、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)について「急速に発展する市場の情報を集め、より深く調.and more »…

ICO沸騰 期待と危うさ 制度整わぬまま4000億円 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

日本経済新聞ICO沸騰 期待と危うさ 制度整わぬまま4000億円 :日本経済新聞日本経済新聞仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)が日本のスタートアップ企業に広がっている。新規株式公開(IPO)や銀行融資と違い、実績がなくても短期間に資金を得られる。一方、2017年に入って急拡大した資金調達手法だけに、法制度の整備が追いついておらず、投資家にとってリスクは高 …2016~2017年のICOの概況。ICOの躍進とリスクとは | 暗号通貨・仮想 …不動産投資情報…

ICO沸騰、期待と危うさ 制度整わぬまま4000億円 – 日本経済新聞

日本経済新聞ICO沸騰、期待と危うさ 制度整わぬまま4000億円日本経済新聞仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)が日本のスタートアップ企業に広がっている。新規株式公開(IPO)や銀行融資と違い、実績がなくても短期間に資金を得られる。一方、2017年に入って急拡大した資金調達手法だけに、法制度の整備が追いついておらず、投資家にとってリスクは高 …ビットコイン&仮想通貨で資産運用する裏ワザハーバー・ビジネス・オンラインall 52 news articles&nb…

ICOはやらない。Mimblewimbleのプロジェクトが募金を開始 – コインチョイス

ICOはやらない。Mimblewimbleのプロジェクトが募金を開始コインチョイス・ICOは行わない・ローンチについては事前に告知しフェアでオープンなスタートを目指す。もちろんプレマイニングは行わない・マイニング報酬の一部が強制的に開発者の元へ行くような仕組みは入れない・投資(将来的にプロジェクトからの金銭的な見返りが期待されるもの)は受け付けない・Grinの意思決定に影響を ……

ICOでは「プロジェクトの価値」が重要になる 新たな資金調達で誕生する“二段構成”な判断基準 – ログミー

ログミーICOでは「プロジェクトの価値」が重要になる 新たな資金調達で誕生する“二段構成”な判断基準ログミーICOによる資金調達は、“個人の価値を評価する新たな手段”としても注目を集めています。では今後、個人はなにをもとに価値を出していくのでしょうか? AnyPayが主催した「ICO Conference」で、セッション「ICOについて考える。ICOが今、注目される理由。」が行われました。登壇したのはメタップス佐藤航陽氏、VALU小川 …and more »…

ICOでは「プロジェクトの価値」が重要になる 新たな資金調達で誕生する“二段構成”な判断基準 – ログミー

ログミーICOでは「プロジェクトの価値」が重要になる 新たな資金調達で誕生する“二段構成”な判断基準ログミーICOによる資金調達は、“個人の価値を評価する新たな手段”としても注目を集めています。では今後、個人はなにをもとに価値を出していくのでしょうか? AnyPayが主催した「ICO Conference」で、セッション「ICOについて考える。ICOが今、注目される理由。」が行われました。登壇したのはメタップス佐藤航陽氏、VALU小川 …and more »…

2016~2017年のICOの概況。ICOの躍進とリスクとは – 不動産投資情報サイト HEDGE GUIDE

不動産投資情報サイト HEDGE GUIDE2016~2017年のICOの概況。ICOの躍進とリスクとは不動産投資情報サイト HEDGE GUIDEアメリカ、ニューヨークに本拠を置くリサーチ会社のCB Insightsは、ブロックチェーンおよび暗号通貨への投資トレンドに関するレポート「Blockchain Investment Trends In Review」を公表した。 同レポートによると、2017年には暗号通貨の価格が高騰し、ICOで投資を行っていた投資家の多くが利益を得たことが分かった。ま …